ねこよりまるい | 性虐待サバイバー

性虐待サバイバーの体験記と日常。虐待から10年、元気に生きています。似た経験をされた方、他のことで辛い方、そうでない方とも繋がりたい。できる活動や勉強を少しずつ。

はじめに 自己紹介

はじめまして

来ていただきありがとうございます。

 

私は物心ついた頃から高校2年生になるまで、

約10年間、父親から性的虐待を受けていました。

 

2回ほど死のうとしたこともありましたが

周りの人に支えられて今は元気に生きています。

虐待から10年が経過した今

忘れようとしていた当時のことや、現在に至るまでのことを

書いてみようという気持ちになりました。

このままなかったことにしていて

いいのかなと疑問に思ったからです。

 

当時「自分だけがこんな目にあっている」と思い込んでいて

それがとても孤独で辛かったです。

今似たようなことで苦しんでいる人や

過去に苦しんでいた人に

「こんな人もいるんだ」って読んでいただけたらと思います。

私も自分におきた出来事を振り返ることで

これからをよりよく生きるヒントが見つかるかもしれないし

(見つからないかもしれないし)と考えています。

体験記を書いていて、途中で辛くなったり記憶がすっぽり抜けていたりして

なかなか進まないことがあります。

やっぱり少し違ったと思ったら、後日書き直しています。

 

虐待のブログは読んでいて気持ちの良いものではないと思います。

加えて拙い文章で申し訳ないのですが、

読んでいただけると嬉しいです。

同時に、出来る支援や虐待に関する勉強をし始めました。

ブログを通して色々と学ばせてください。

よろしくお願いします。

 

筆者について

 

20代後半。主婦。東海地方在住。

子ども時代、勉強や部活は一生懸命していたが

教室が苦手で人付き合いがとても下手だった。

虐待などの家族間の問題や経済的困窮などの要因が重なり

20歳のとき精神疾患にかかり大学を中退。

自殺願望が高まり成人式の写真を遺影にしようと考える始末。

 

数か月引き込もって休養したのち

通信制大学編入、働きながら単位を取って卒業。

教育や福祉を専攻し、養護教諭の免許を取得。

結婚して親から離れることで、人生が50倍楽しくなった。

今でも時々フラッシュバックでパニックになることがあるが、基本的に元気。

虐待問題、心理学、教育や福祉の話題が気になるようになった。

何らかの形でかかわりたい思いがある。

できることを少しずつやっていく。

好きなこと:自然のきれいな場所に行くこと

社会情勢や経済の話題をチェックすること

読書(吉本ばなな、小川糸、村上春樹、など)

音楽(B'z、ミスチルスピッツ椎名林檎

苦手なこと:ご飯を3食きちんと食べること

 

感想やお問合せはこちらからお願いします。

→コンタクトをとる

 

【18.10.25修正加筆】

 

▼ 体験記はこちらから

sakyuuu.hatenablog.com

 

↓ポチっと押していただけると喜びます

 
にほんブログ村

 

はじめて漢方の先生に診てもらった (2)

生まれた時から人は不平等なんだよ
と言われて「そりゃそうだな」とスッキリした私

誰かに
「気にしすぎないほうがいいんじゃない?」
「私は何食べても大丈夫だったー」
と言われても

私は寿命貯金が少ないからこうしてるの( ¯﹀¯ )/+*
と思える気がする


続いて仕事の話になった

院長「仕事は何してるの?」

私「ホットヨガのフロントです」

院長「ホットヨガかぁ… フロントってことはする方(インストラクター)じゃないんだね?」

私「たまに受講するけど… しない方がいいんですか?」


先生によると、冬にホットヨガはあまり良くないんだとか

汗を沢山かくと (陽)が体から出ていってしまって、かえって体が芯から冷えるのだそうだ

夏は最高なんだけど、ホットは9月位までにして、冬は常温ヨガにした方がよい
ほんとはヨガをする人が陰陽五行の勉強してそういうこと分かってないといけないんだけど云々…


私は専門的なことは分からないが、この先生によると「自然に逆らうことはしない方がよい、冬にホットヨガは不自然なことだからよくない」のだそうだ

巡りが良くなるから冷え性に良いと思うんだけどなぁ


続いて勤務時間について
私「18時から22時半まで、週4で働いてます」

そう言った途端に先生の顔つきが変わった


院長「それは妊娠したい人にとってタブー中のタブーだ」

私「!!???」

唖然とする私の目の前になにやら(怪しげな)表を出してきて説明をはじめる先生


生殖器官や泌尿器などのことを「腎」という
「冬」の「夜」に「立ち仕事」をするというのは
腎にとって良くない条件がすべて揃っている
(腎の行に冬、夜、立つと書いてあり、それを指しながら)
これでは腎の働きが低下してしまう
あなたは夜はゴロゴロしてなきゃだめなんだよ」


…もうびっくり
21:30~3:00くらいまでの間は横になっていたほうが良いのだとか


院長「午前中に変えてもらえないの?
というか、仕事やめられない?」


えー…



少しでも不妊治療費の足しにと思って(あと気を紛らわしたくて)はじめたアルバイト

クリニックにいつでも通えるように夜の時間でお願いしていたのだが

それが裏目にでるとは😂


治療中にも関わらず雇ってもらえたし
職場も割と楽しくて、治療のストレス発散にもなっている

嫌だーってこともあるけど

今辞めるには惜しい、というか発散出来る場所がなくなるのは耐えがたいよー


とりあえず、午前中勤務にしてもらえるか相談する
そして、勤務中もできるだけ隙を見て座ることにした(笑)

もーれつに巻いて仕事して21:30からなるべく座ってできることをする作戦でいこう


それにしても、思いもよらないことを言われる

知らない世界があるんだなーと思った


私は、排卵ができていなかったし、妊娠しにくい抗体があったが、先生に言わせると
それも生命力不足で元気がないから
身体が「今赤ちゃんつくるとかムリ!そこにエネルギーまわせない!」って言ってるんじゃないの?とのこと

抗体値がバカ高かったのは
(2.0から陽性なのに、97.8以上という結果だった)
体が全力で妊娠を拒否していたのか?(笑)


「まずはあなたが元気になること
これ飲めば「なんでこんなに元気なんだろう」ってくらい元気になるよ!
本来はここまで元気になれるってとこまでいける!そしたらお母さんも元気!赤ちゃんも元気!となるよ!」と、何度も力こぶつくりながら太鼓判を押されて

十全大補湯(じゅうぜんたいほとう)という漢方を処方してもらった


診察室を出て処方箋を渡すとおじいちゃん先生が20分くらいかけてゴリゴリ作って用意してくれた



十全大補湯について
https://www.tsumura.co.jp/kampo/list/detail/048.html


これを朝夕、空腹時にお湯に溶かして2ヶ月間飲んでみる

意外と美味しい☺よかったー

とりあえず1ヶ月分もらって相談料と合わせておよそ¥25000…!ひゃぁ(笑)


のむぞー

きいてくれー╭( ・ㅂ・)و ̑̑




やることまとめ
・ 甘い物、間食を摂らない
・ 朝食は少なめ、消化に良いものを
・ 米と米に合うものを摂る
・ フルーツは良いが私はバナナは向いてない(笑)、柿もやめておく
・ 夜はなるべく立たない、なるべく早く寝る
・ 働き方を見直す





▼こちらの漢方専門店にいきました
https://www.woman-kanpou.com/






【第2類医薬品】十全大補湯 エキス細粒36 2.0g×30包

はじめて漢方の先生に診てもらった(1)

不妊治療のかたわら体質の改善がしたくて

はじめて漢方の専門店に行くことにしました


インターネットで探していると、明治時代創業で鍼灸もしてもらえるというところを見つけたので

さっそくホームページから予約

気になっている症状、体や生活の様子を事細かく記入。。

体格… 痩せ型
体質…疲れやすい
その他、嗜好品、顔色、胃の調子、皮膚の状態、睡眠時間、トイレの回数など。。

え、どうだったかな?と考えながら質問に答えていった


そして当日、お店?薬局??なんと呼ぶのがふさわしいのか分からないけれど

重厚感ある白い扉を構えた趣のある建物…に来院し

三年番茶を頂きながら

あらためて主訴などを問診票に記入

末端の血流状態をみて

体にたまった電磁波を機械で外に出し(そんなことができるんだなぁ)

その後、院長の診察へ


再び簡単に体の状態を伝えた後

横になって院長に診てもらう

漢方のすごい先生というから「フォッフォッ」とか言いそうなおじいちゃんかと思ったら全然違って

どっちかっていうと大型バイクが似合いそうな感じで、すごくエネルギー溢れる元気そうな先生だった


お腹のあたりを触診したり

脈をみたり、瞼の裏、舌の様子をみたり…

そして言われたのが
不妊には大きくわけて2つの原因がある、1つは淤血(おけつ)といって血がドロドロで血流が滞った状態。あなたは血はサラサラ。2つ目は生命力不足。あなたはこっち」


まさかの生命力不足!!(笑)
でもいや、そうでしょうね!!と強く思ってしまった

あと骨密度が低くなっている、老化してる
上半身に少し淤血がある、詰まりがある…など数々の指摘がとんでくる
触診だけで分かるのかぁ〜と不思議な気分


「元気がない。元気というのは、もともと胃腸が元気なことを指す言葉で、つまり、元気がないとは胃腸が疲れている状態なんだよ。甘い物と間食は控えた方がよい」


それから胃がいかに体の中で重労働を担っているかという話。


(興味なかったらとばしてください〜)
......................................................
例えば12時に食事をとったら、胃で消化するのに2時間、腸で吸収するのに2時間、肝臓を経て食べたものが全身に活かされるのは17時頃

この間に、例えば15時におやつを食べたら、小腸で消化吸収してる最中にまた胃にたくさんの血が必要になる。胃に入ってきたものは最優先されるから。休む暇がないから胃が疲れる。

また、栄養が吸収できなくなる。そういう時の便は下痢かコロコロ便になる。

f:id:sakyuuu:20181213085509j:plain


ちゃんと吸収されたら便はバナナ形になる

なので間食はやめた方がよい

少し違うかもしれませんが、だいたいこういう内容を言われました

あと白い砂糖が入ったもの、甘い物、チョコレートやアイスはやめた方がよい、とのこと。
......................................................

白砂糖がよくないことを以前知ってからは、てんさい糖を使うようにしていました

でも毎日口がさみしくなるとチョコレート食べてたし、間食ばっかりしていたので

間食はやめなさいには「えーーー」の連発


それから、
「米を食べましょう
米は生命力アップする。(薬効があるらしい)

パンはダメ

(「全粒粉もダメですか?」「ダメ」バッサリ(笑) )

米と、米に合うものを食べるとよい
米とピザとか、食べないでしょう


まず自分が元気にならないと
体の中で赤ちゃんを育てるところにエネルギーがまわせない

まずは自分が元気になることを考えましょう」


…なるほど
しかしここで腑に落ちない思いがムクムクと出てきた

私「何を食べていても妊娠できる人がいるのは、何でなんですかね〜 何が違うんでしょう」


院長「もともとの寿命貯金?のようなものが違う。例えば3億円もってる人と2000万しかない人。3億あったら好き放題食べて1億減ってもまだ2億ある。2000万の人はすぐに200万とかになっちゃう」

院「生まれた時から不平等なんだよ」


…そりゃそうだな (笑)

変えられないことはしょうがない

できることをしていこうと思いました



続きます

新しい手帳

おはようございます

しばらく気持ちが滅入っていてブログが書けませんでした
_(ゝLꒊ:)_ ムリィ

元気が出てきてからも、前にブックオフで買った本
(スナックちどり)を読んでいて、パソコンから離れていました


そうこうしているうちに
あっという間に冬の空気になっていました


ピンと張り詰めた澄んだ空気が気持ち良い
この季節ならではの空気

楽しむのも束の間
ものの数分で、すぐに暖かい家に早く入りたい!
と首を縮めながら足早になります




毎年11月から12月にかけて、翌年の手帳を選びます
今回はこちらにしました


f:id:sakyuuu:20181212010527j:plain

f:id:sakyuuu:20181212010552j:plain

手帳でお馴染みの高橋の新シリーズ
トリンコ

薄くて細長い、持ち運びがしやすそうな
サイズ感が気に入りました

ソフトカーキの色合いも良い
素材感もGood

珍しくすぐ決まりました


高校生の時から持ち始めた手帳
使っていたのは、亜土ちゃん、猫、スヌーピー、midoriなど、、

仕様も、バーチカル、文庫サイズ、大判、、色んな手帳をその時の気分でえらんでいました


簡単な日記、日々の記録になっていて

どの手帳も思い入れがあります


誰かに見られると恥ずかしいから
そろそろ鍵付きBOXを買って入れておこうかな



新しい手帳

最初の1月は綺麗に書こうとするんだけど
すぐにミミズみたいな字まみれのわちゃわちゃになる

毎年、1年使った手帳を見返すと
その点は同じ。
私、変わらないなぁ


新しい手帳、ワクワクします

1年の終わりが近づくことに物寂しさを感じるけれど

まっさらな手帳を見ると、来年はどんな年になるかな、どんな予定を書くのかな、
と少しワクワクしてきます


楽しい予定が書き込めるといいなぁ



この時期のひとつの楽しみでした



みなさんは
予定管理はどうされていますか






高橋 手帳 2019年 マンスリー torinco3 スモーキーピンク No.521 (2018年12月始まり)

12月。相変わらずゆるく生きてます

今週は私の住む地域は天気がよくない日が続くようです

天気と、不妊治療への不安やモヤモヤ感も重なり
気持ちが少し滅入っています


無理をせずに、ボーッとする時間多めで過ごしています


不妊治療のことも、備忘録がてら書こうかどうか迷っています
ブログのテーマが増えてゴチャゴチャする、
そんなの読みたくないと思われるかしらら、
と気になるけれど、全部書き出してしまいたい気もする



ところで、
昨日はM-1グランプリでしたね
毎年楽しみにしていますが、
個人的に今年、すごく面白い!

昨日お笑いを見たことで火がついて
今朝はこれまでのM-1のネタを見返していました


そして2007年のサンドウィッチマンの優勝シーンで泣いてました😅ネタも大好きです


テレビに出られている人は
頭の回転が早くてすごいなぁと思います


私は思考の回路がとても遅くて言葉がぱっと出てこないので、特にそう思います
とっさに上手いこと切り返せるのは憧れます


しかし、ずーっとテレビを見てると
そのペースの早さに疲れてしまいます
今も、ぐったりしています(何をしてるんだか 笑)


こんな感じですが
今週もゆるくがんばっていこうと思います



12月はイベントが多めです
22日は大阪で今一生さんの講演会もあります
体調次第で、どれだけ参加できるかは分からないけれど、出たものはまたここで参加報告したいと思います


今週は寒暖差が大きくなるそうです
みなさん、無理せずお体大切になさってください


最後に、先週末に浜松に行った写真をあげます♪。
浜松城公園、リスがたくさんいました!


f:id:sakyuuu:20181203143621j:plain

f:id:sakyuuu:20181203143704j:plain



おじさんに餌付けされていたリス(笑)

可愛かったです☺

マイノリティ雑誌&映画の感想

マイノリティ雑誌、「ぼくらのたからばこやさん」が届きました。


f:id:sakyuuu:20181128111129j:plain


発達障害精神疾患、虐待サバイバー、セクマイなどさまざまなマイノリティの人達がライターとなり


苦手なことや、周りにお願いしたいこと、同じ境遇の人やその家族に向けたメッセージなどを綴っています。


日常でなかなか触れることの難しい、マイノリティの人たちの心のうちの1片を見せてもらえる雑誌でした。

診断名(例えば解離性同一性障害)や専門用語の説明はないので、詳細は自分で調べる必要があります。


※ この雑誌はTwitterのハルせんせー(@harusense___ )のアカウントや、メルカリから購入できます。

10~20代のライターさんが多かったのが印象的でした。

きっとこれから彼らの価値観はまだまだ変わっていくと思います。

10年後どうなったかを知りたいなぁと思ったりもしました。

ただ彼らは今、未完成の状態で完成していると言えます。(あえて並べるなら私自身もそう)

これは大学時代使用していた発達心理学の教科書に載っていた言葉です。

今を生きている彼らや私(たち)にとって、今の状態が1つの完成形です。

その、今の彼らが何を思うかに触れることは

とても貴重な機会で、
こちらも居住まいを正して
見せていただきたいことだと感じ、

読んでいるうちにどんどん姿勢がよくなって
最後は正座で読んでいました 。



f:id:sakyuuu:20181128102613j:plain



私の中には、自分が理解できないものや自分と異なるものを、除けようとする心があります。


そんなことはしたくない、誰のことも否定したくないし受け入れられる自分でありたいけれど、本当の本当は、そういう素質はないのです。

その冷たい心のままに動いて、人を傷つけてきたことも沢山あったと思うし、これからも傷つけてしまうのではと思います。


そんな自分だから尚更、自分と異なる人のことを知ろうとすることがとても重要なことと感じます。


また、そんな私だけども、差別がなくなってほしい、みんなが生きやすい社会になってほしい、辛い思いしている人に何か出来ることがあるならしたい、とも思います。


我ながら、矛盾だらけの複雑でよく分からない生き物だなと思います(笑)


.....................................................


そういえば、映画の
「母さんがどんなに僕を嫌いでも」を観てきました。

ボクを想うばぁちゃんのあったかさに号泣。。
あちこちで鼻をすする音が聞こえました。


これは「この人の場合の話」として観ました。

虐待体験と、こうやって向き合った人もいるんだな、と思いました。

やっぱり一般向けな感じが否めなくて、
もっとドロドロした所や複雑な心境などを
原作で読んでみたいと思います。

と思ったらAmazonで、届くのは12月中旬とのこと。
話題の作品だからかな。


気長に待ちます。



f:id:sakyuuu:20181128103915j:plain




新版 母さんがどんなに僕を嫌いでも

『 母さんがどんなに僕を嫌いでも 』が気になる

『 母さんがどんなに僕を嫌いでも 』

という映画が、11月16日に公開された。

題名からして観るのが恐ろしいと思った。


題名をパッと見て
「ひどい虐待を受けて苦しかったけれど、
やっぱりお母さんのことは好きだし大事なんだ。
困難を乗り越えて、最終的にはお母さんとも分かり合えました、めでたし☆」
みたいなのを、世間がサバイバーに求めているように感じてしまったからだ。


実際のサバイバーの心情はそう簡単なものではなく
「何があったとしてもやっぱり親子の関係は特別」という、
キレイな親子神話を求められても辟易としてしまう。


私自身、今は許せない。許せないものは「許せない」で良いと思う。


しかし、話は戻ってこの映画
「どうやらそう単純なものでもないかも」と、
原作者の歌川たいじさんのインタビューを読んで感じた。
(まだ観てないから分からないけど)


いくつかあるインタビュー記事を読んでみると
20代半ば頃の歌川さんは、私と同じような心境だったことが分かった。(親に会うつもりはない、とか)


あるインタビューには
「こんな毒親を許しました、どやねん。という映画ではありません。」とあったし


この方の虐待に対する思いを述べているところでは、心が打たれて涙が出た。


この方が原作者で
「傷を負った人もそうでない人も、皆に見て欲しい!」という映画なら


上記のような「~めでたし☆に収まろうよ!」
という単純な話ではないのかも



…観たくなってきました (笑)




▼歌川たいじさんのインタビュー記事
最後の方の虐待に対する思いは特に熱いです。ぜひ読んでみて欲しいです。

http://www.cinemajournal.net/special/2018/kaasan2/index.html

今では誕生日と言っても何でもない一日だけど

【この間、誕生日だった日の話&オタク要素。何でもない日常回】


良い天気☀


誕生日だし、少し外に出るか、と思って
やりたいことを考えた

・ スタバでフラペチーノを飲む
・ 小説を買う
・ B'zの会報を読む


地味…? 笑

このくらいが、
特に1人の時は楽しいです


家事終わらせて、まずはスタバへ

甘い飲み物は好きじゃないんだけど
スタバのフラペチーノは見た目が可愛いので
新作が出る度に「話題性に乗っかりたいなぁ」となる


ミーハー…なのか

でも普段はめったに飲まない
そこまで好きでないものにお金を出すのはもったいない


しかし今日は誕生日 (どやっ)

なので私はフラペチーノを
 「可愛い♡」 というだけの理由で頼む。 ふふふ



いちごのフラペチーノ

と、とても可愛い…


SNSにあげる訳でもないのに、とりあえず写真をパシャリ☆

f:id:sakyuuu:20181116125918j:plain

しれっとスコーンも頼む


いただきます

………。

正直、1口めが1番美味しかった (コーラかビールの感想みたい)


ごちそうさまでした


しばらくゆっくり読書でもしようかと思ったが、
となりの女性2人の会話がなかなかシリアスで心が落ち着かず(ドラマチックだったけどね!)


そそくさと退散


つづいてブックオフ

定期的に来たくなるブックオフ


中古のお店は、物の価値=値段が成り立っていないところがとても魅力的

女子小学生たちが無心に漫画を ”立ち読み” ならぬ、”座り読み”していた

私もよくしてたな…とつい頬が緩む


人目があまり気にならない空気も好き


お目当ての小説家の本は見当たらず、目に付いたこの4冊をお買い上げ


f:id:sakyuuu:20181116130613j:plain


よしもとばななの作品はすぐ人が死ぬ(偏見)
でもこの人の本はBGMのように読める
作中にすっと入れて疲れない
繊細な描写はじんわりと心中みなぎるものがあって
大好き

もっと入り込むのに労力の要る本も読みたいんだけど
村上春樹とか)すごく疲れてしまうから最近はなかなか読めていない。好きだし読みたいのでまた時間をとりたい


選んでいる途中で
さっき飲んだフラペチーノで冷えたのか
お腹がキュルキュル言い出した


慣れないもの飲むとこうなるのか…!


いやそんなこと言ってる場合じゃない


もっと吟味して本選びをしたかったが
大変なことになっては笑えないので断念して帰路に着く


スタバの入っていたモールも、ブックオフも、
どんどん閉店に追いやられている


適度にさびれた感じ、人目を気にしなくていい楽さが心地よいので、ちょっと寂しい



帰宅後、今日は読むものを決めていたので小説は脇に置き

B'zの会報を開く

.............................................

突然ですが私はB'zが大好きです

でもオタク活動(?)をするエネルギーが出てきたのはこの1年のこと

B'z party(ファンクラブ)に入ったのも本当に最近の話

なので30周年の節目の会報は届かなかったのです(涙)

というのを職場のお客さん(B'zparty会員)に話していたら
さきちゃん、これ貸すからゆっくり読みなね」ってそのお客さんが会報を持ってきてくれたのです

優しい! う、うれしい~~~!😂😂

...................................................


ということでお借りした会報を熟読

隅から隅まで精読


インタビュー記事やライブの裏側まで読んで
あの時そうだったんだーとニヤニヤして


それはそれは幸せな時間でした😄


貸してくれた方には、何かお礼を持っていこうと思います



何でもないけど楽しい1日でした



それでは☺






にほんブログ村