ねこよりまるい | 性虐待サバイバー

性虐待サバイバーの体験記と日常。虐待から10年、元気に生きています。似た経験をされた方、他のことで辛い方、そうでない方とも繋がりたい。できる活動や勉強を少しずつ。

はじめに 自己紹介

はじめまして

来ていただきありがとうございます。

 

私は物心ついた頃から高校2年生になるまで、

約10年間、父親から性的虐待を受けていました。

 

2回ほど、死のうとしたこともありましたが

周りの人に支えられて今は元気に生きています。

虐待から10年が経過した今

忘れようとしていた当時のことや、現在に至るまでのことを

書いてみようという気持ちになりました。

なんとなく、このままなかったことにしていて

いいのかなと疑問に思ったからです。

 

当時「自分だけがこんな目にあっている」と思い込んでいて

それがとても孤独で辛かったです。

今似たようなことで苦しんでいる人や

過去に苦しんでいた人に

「こんな人もいるんだ」って読んでいただけたらと思います。

私も自分におきた出来事を振り返ることで

これからをよりよく生きるヒントが見つかるかもしれないし

(見つからないかもしれないし)と考えています。

体験記を書いていて、途中で辛くなったり記憶がすっぽり抜けていたりして

なかなか進まないことがあります。

やっぱり少し違ったと思ったら、後日書き直しています。

 

虐待のブログは読んでいて気持ちの良いものではないと思います。

加えて拙い文章で申し訳ないのですが、

読んでいただけると嬉しいです。

同時に、出来る支援や虐待に関する勉強をし始めました。

ブログを通して色々と学ばせてください。

よろしくお願いします。

 

筆者について

 

20代後半。主婦。東海地方在住。

子ども時代、勉強や部活は一生懸命していたが

教室が苦手で人付き合いがとても下手だった。

虐待などの家族間の問題や経済的困窮などの要因が重なり

20歳のとき精神疾患にかかり大学を中退。

自殺願望が高まり成人式の写真を遺影にしようと考える始末。

 

数か月引き込もって休養したのち

通信制大学編入、働きながら単位を取って卒業。

教育や福祉を専攻し、養護教諭の免許を取得。

結婚して親から離れることで、人生が50倍楽しくなった。

今でも時々フラッシュバックでパニックになることがあるが、基本的に元気。

虐待問題、心理学、教育や福祉の話題が気になるようになった。

何らかの形でかかわりたい思いがある。

できることを少しずつやっていく。

好きなこと:自然のきれいな場所に行くこと

社会情勢や経済の話題をチェックすること

読書(吉本ばなな、小川糸、村上春樹、など)

音楽(B'z、ミスチルスピッツ椎名林檎

苦手なこと:ご飯を3食きちんと食べること

 

感想やお問合せはこちらからお願いします。

→コンタクトをとる

 

【18.10.25修正加筆】

 

▼ 体験記はこちらから

sakyuuu.hatenablog.com

 

↓ポチっと押していただけると喜びます

 
にほんブログ村

 

今では誕生日と言っても何でもない一日だけど

【この間、誕生日だった日の話&オタク要素。何でもない日常回】


良い天気☀


誕生日だし、少し外に出るか、と思って
やりたいことを考えた

・ スタバでフラペチーノを飲む
・ 小説を買う
・ B'zの会報を読む


地味…? 笑

このくらいが、
特に1人の時は楽しいです


家事終わらせて、まずはスタバへ

甘い飲み物は好きじゃないんだけど
スタバのフラペチーノは見た目が可愛いので
新作が出る度に「話題性に乗っかりたいなぁ」となる


ミーハー…なのか

でも普段はめったに飲まない
そこまで好きでないものにお金を出すのはもったいない


しかし今日は誕生日 (どやっ)

なので私はフラペチーノを
 「可愛い♡」 というだけの理由で頼む。 ふふふ



いちごのフラペチーノ

と、とても可愛い…


SNSにあげる訳でもないのに、とりあえず写真をパシャリ☆

f:id:sakyuuu:20181116125918j:plain

しれっとスコーンも頼む


いただきます

………。

正直、1口めが1番美味しかった (コーラかビールの感想みたい)


ごちそうさまでした


しばらくゆっくり読書でもしようかと思ったが、
となりの女性2人の会話がなかなかシリアスで心が落ち着かず(ドラマチックだったけどね!)


そそくさと退散


つづいてブックオフ

定期的に来たくなるブックオフ


中古のお店は、物の価値=値段が成り立っていないところがとても魅力的

女子小学生たちが無心に漫画を ”立ち読み” ならぬ、”座り読み”していた

私もよくしてたな…とつい頬が緩む


人目があまり気にならない空気も好き


お目当ての小説家の本は見当たらず、目に付いたこの4冊をお買い上げ


f:id:sakyuuu:20181116130613j:plain


よしもとばななの作品はすぐ人が死ぬ(偏見)
でもこの人の本はBGMのように読める
作中にすっと入れて疲れない
繊細な描写はじんわりと心中みなぎるものがあって
大好き

もっと入り込むのに労力の要る本も読みたいんだけど
村上春樹とか)すごく疲れてしまうから最近はなかなか読めていない。好きだし読みたいのでまた時間をとりたい


選んでいる途中で
さっき飲んだフラペチーノで冷えたのか
お腹がキュルキュル言い出した


慣れないもの飲むとこうなるのか…!


いやそんなこと言ってる場合じゃない


もっと吟味して本選びをしたかったが
大変なことになっては笑えないので断念して帰路に着く


スタバの入っていたモールも、ブックオフも、
どんどん閉店に追いやられている


適度にさびれた感じ、人目を気にしなくていい楽さが心地よいので、ちょっと寂しい



帰宅後、今日は読むものを決めていたので小説は脇に置き

B'zの会報を開く

.............................................

突然ですが私はB'zが大好きです

でもオタク活動(?)をするエネルギーが出てきたのはこの1年のこと

B'z party(ファンクラブ)に入ったのも本当に最近の話

なので30周年の節目の会報は届かなかったのです(涙)

というのを職場のお客さん(B'zparty会員)に話していたら
さきちゃん、これ貸すからゆっくり読みなね」ってそのお客さんが会報を持ってきてくれたのです

優しい! う、うれしい~~~!😂😂

...................................................


ということでお借りした会報を熟読

隅から隅まで精読


インタビュー記事やライブの裏側まで読んで
あの時そうだったんだーとニヤニヤして


それはそれは幸せな時間でした😄


貸してくれた方には、何かお礼を持っていこうと思います



何でもないけど楽しい1日でした



それでは☺






にほんブログ村

被虐待期とその後の心の段階過程を考察する

※まったくこの通りではなく、前後が混ざってることもありました


被虐待

【混乱】

【嫌悪感 】⇔【抑、従、馴 】親は絶対的

【事の把握 】 調べる 少しずつ親を客観的に見る

【感情が混乱】⇔【麻痺 】保護者であり加害者の親

【自己否定、鬱】
自分なんか、と思う。親も一個の人間でしかない


【安全確認 】心、衣食住 の安心

【感情の解放 】

【感情にのまれる 】⇔【聞いてもらう 】繰り返す

【感情の波に対処しようとする 】

【受け入れてもらう体験、何度も 】


【過去を今と切り離して考えられる】


【自分を取り戻す感覚、自己肯定 】



回復の上で必要な行程に安全の確認がありました


安全の確認…心から信頼できる人と会う心の面での安全と、
衣食住が脅かされない生活の面での安全の確認が必要でした


死にたいと言っていた時も、「本当は幸せに生きたい」という気持ちがあったと思います


(死ぬしかない、死のう、と思った時は死にしか意識が向いていませんでしたが)



人によって心の行程には違いがあると思います


ちょっと良くなったらまた悪くなって…
回復行程は、根気のいる道のりだと思います


でも、まちがっても

つらい思いをしている人が

「まだそんなこと言ってるの」なんて誰かに言われてほしくないし


過去にとらわれてしまっても、「私はこう思っているんだな」と、自分を受け入れてあげてほしいです


自分で自分を責めないでほしいです


根気は要りますが、きっと、それぞれが、自分の人生を取り戻すことができると信じています


「自分の人生を取り戻した」と、そう思える日がきますように




以下に具体的な心情変化(と影響の大きかったこと)を思い出せる限り書きました


......................................................

何をされているの?
混乱
気持ち悪い
わけも分からず恐怖
嫌だ

また来るかも
また来た
ほらまた来た

なんでそんなことするの
欲求を抑えられないことへの軽蔑

私が悪いの?
でもどうすることもできない

助けて
助けてもらえなかった
ショック

私には価値がない

ちゃんと大事にされたい
認めてもらいたい


愛されたい認められたいなんでそんなことするの嫌だどうしたらいいの誰か助けて普通の家みたいにいかないの私が悪いのなんで私はこんな家に生まれたの辛い辛い辛い

心が壊れていく


そのことについて調べる勉強する

(虐待とは)

(親にも色々いる、子どもを大切にできない親もいることを知る)

(虐待が脳に与える影響、虐待を受けた人のその後の人生の話、裁判事例)


…なんてことしてくれたんだ…

もう生きたくない
死にたい死にたい
人生は長すぎる


(そうは言っても親は子どものことを大切に思っているよ、家族神話、世間とのギャップ、うるさいうるさいうるさい)


なんてことしてくれたんだ
許せない
憎い
穢らわしい
嫌い嫌い嫌い
死ね死ね死ね

なんで助けてくれなかった
お前ら、なんてことしてくれたんだ!


(精神衛生、心理学、カウンセリング、脳科学の本を読む)

謝って謝って謝って
自分のした事の重さを知って


死にたい
死にたい
死ぬしかない
死のう
よし死のう


死ねなかった



もう知らない
なかったことにしたい


(繰り返し繰り返し毒を吐き受け入れてもらう作業、希望を口にしたり、人間関係づくりを少しずつ少しずつ)

…………

……


人生には
楽しいことが、ある
楽しんでいい
もっと楽しみたい


ばらばらになった心がまた集まって再形成をする


私、悪くなかった

私、私の人生を楽しんでいい


......................................................



また思い出して違ったなと思ったら書き直します






にほんブログ村

同級生に対して思うこと

今日はホットヨガをしてきました

久しぶりなのにペースをあげてしまって
バテました。。

バランスをとる柳のポーズでは
集中力が続かなくて1人フラフラ(笑)


体も伸びたし
汗をたくさんかけて気持ちよかったです




今日は、自分が生きてきた中で

少し心残り、に似たものの話です

勿体なかったなと思うことがあります


それは、
人との出会い、主に同級生との関わりを大切にできなかったこと


虐待や経済的な困窮がなかったら…

他人への不信感や、自分は駄目な人間だという認識を親から植え付けられることがなかったら…

もしくはそれに負けない自分だったら
ひねくれることなくいれたなら…


普通に友達付き合いができたのかなぁ


そしたら、どんなに楽しかっただろうなぁと思うことがあります


同級生のことを「そんなの不良だ」と言い
「他人は信用できない」と人の悪口ばかり言う親でした

小さい頃は鵜呑みにしていましたよ


放課後はいつも農作業の手伝いで
お金も自由もなかったから

遊びに行くこともほとんどなかった
みんなが夢中になっている話が宇宙人の会話に聞こえて

いや、私が違う星の人みたいな感覚だった


そう、同級生の話はほとんどついていけなかったです

関わり方はどんどん分からなくなっていきました



出会った人たちと

普通に仲良くなって
普通に遊んで

って、そういうことができていたら

どんなに素敵だっただろう


これは人生の別ルートのお話で
「こっちに行っていたら」ってやつなので

後悔とはまた違うものなのだけど


色んな素敵な人たちがいましたから



私いつも自分のことでいっぱいで

人に優しくすることが全然できてなくて

高校生、大学生とか、まあまあ大きくなってからも

ちゃんと人と関われてる感じがあんまりなかったんです

自然体で同級生と会話するっていうのが
私にとってはなかなか難しいことでした


まったくそれが出来る人がいない訳ではなかったけど


勿体なかったなぁ、と

時々思うんです

そこまで未練もないし、自分の人生を悲観することもないけれど

ふっと。


少し書きたくなって書き出してみました



でも、だから、それがあったから

「ニンゲン、コワイ、キライ、シンジラレナイ」

とか言ってた私ですけど(笑)


それでもなるべく

人と丁寧に関わっていきたいなぁという思いをもつようにもなりました



あ、でもね、(でもばっかだな)

1人耐性がついたから(?)

1人の時間も大好きです

転勤族でも友達少なくても

全然平気です


会いたい人に

数年に1回くらい会えたらそれでいいや〜と思ってます


このルートで、人生楽しめてます(笑)




思い返すと勿体なかったなとも思うし


別ルート人生にすこーしだけ思いを馳せることがある

というお話でした




では、

ヨガ後なので食べ物に注意!

洗濯して買い出しして

ゆっくり過ごします


よい週末をお過ごしください




にほんブログ村




数少ない得意料理

(はじめに)
前記事では
様々な反応をいただきありがとうございました
不快に思われた方もいると思います

上手く書けない、伝えられない、
気持ちを文章にするのが難しかったです

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

(最近のこと)
不妊治療で新しく飲み始めたペントキシフィリン錠という薬

f:id:sakyuuu:20181108100406j:plain


▲この1番大きいの!

体がかゆくなる、吐き気や胃不快感、頭痛、めまいなど

なかなか副作用が多くて

「これを1か月飲み続けるのかぁ…」と少し気が滅入っています


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


気分を上げたいので


今日は得意料理の話です…!


私は料理は苦手ですが

そんな私でも、我ながらこれは美味しく作れる☺と思うものがあります

(つまりレシピ通りに作れるということ)


それは


肉じゃが


でーーん

f:id:sakyuuu:20181108073842j:plain



煮物系はみりんをこちらに変えてから、深みのある美味しさに変わりました




福来純(ふくらいじゅん) 伝統製法熟成本みりん 500ml





つまり、みりんの力


自然食品店のおばちゃんにすごく推されて買ったら

これ以外使えなくなりました(笑)


…料理できないくせに語るのはおこがましいですが


でも、美味しいです!






それから、もう1品


キーマカレー


ででーん

f:id:sakyuuu:20181108074310j:plain


自分でも時々この味が食べたーい!となるくらい美味しいです (自画自賛)


ココナッツオイルで、
にんにく、ひき肉、セロリ、にんじん、玉ねぎ、トマトを炒めて


トマト缶と白ワインを入れて、ローレルも入れて落し蓋をして20分煮込み

ビーンズ、カレールゥを入れてさらに煮込みます


仕上げに、ガラムマサラ、クミン、コリアンダーなど


香辛料をわーーっと入れるととっても美味しくなります!


野菜や豆類など食材がまんべんなくたっぷり摂れておすすめ


温玉をのせて頂きます☺



きまぐれに自然派な気分になった時は

ひき肉の代わりにソイミートやたかきびを使ったりします

ここしばらくは使ってないけど。。


ポイントは香辛料です

入れると入れないとでは全然ちがいます(笑)



私の数少ない得意料理でした!





今日はお休みなので

洗濯をして

昨日の「けもなれ」の録画を観ようと思います

本も読みたいな





それでは、


今日がより良い1日になりますように







にほんブログ村

両親へ 葬式があってもそちらには行きません

親への連絡にブログを使います。
直接やり取りする気力はないので。
以下はブログが知られた経緯と、連絡内容です。

ブラックな心情が出てくるので、
あまり読んでいただかない方が良いかなと、、思います。

......................................................

少し前に、父親の職場にメールを送った。

内容は父親がしてきたことの暴露。

役所なので、地元の性犯罪をなくしてくださいという名目にして文章を結んだが

目的はもちろん暴露だった。

全職員が知るところとなったそうだ。

その際、このブログのURLを貼った。

なので地元の人や親もこのブログを読んだかもしれない。いや、読んだだろう。

母のメールの言葉選びを見て確信した。


※職場の方々には、こんなことに付き合わせてしまって申し訳ございませんでした。


唐突に思い立ってやったことではない。

私は、中学生くらいから
「いつかこいつを社会的に殺してやる」と心に誓っていた。

「いつか絶対に、殺してやる」
「こいつのせいでこれ以上人生損してたまるか、細いスネだろうが搾り取れるもの全部取って、それから掌返して突き落としてやる」
「本当の姿が晒されて周りから思い切り軽蔑されればいい」

おぞましい殺意と悪意で自分を支えていた。
復讐する未来を考えないと
そうしないと耐えられなかった時期があった。


今ではそこまでの気持ちが出てくることはなかなかない。

メールを送る際も、
何度も推敲して本当に送るか迷った。

でも送らなくては後悔する、やらなければいけないと思った。

過去の私のためにもやる必要があったことだったと思う。



犯罪を犯した者は、顔と実名が報道されて、住まいも職も失う。

あいつがしたことは性犯罪。
道行く人にしていたら逮捕されて上記の運命をたどる。
なのに家族である私にしていたから、
何もお咎めなしなのだ。

まるで腑に落ちない。


「同僚に知られる」程度、可愛らしいものだ。

ほんとに。

罰にしては軽すぎる。

それでも、ざまぁみろと思うし

心が少しスッとした。



.....................................................


ここで、こんなことを書くつもりありませんでした。

こんな私事のつまらない復讐劇 見苦しいだけ。

(自分ではあんまり復讐という感覚ではないが)

親に対しては、どこまでも残忍でどす黒く汚い心が出てくる。こんな心の為す所業を、ここまで露呈させるつもりはなかった。



親にブログを知られた経緯を書こうとしたら、こうなりました。


まだ読んでいるか分かりませんが、
今回は親への連絡にブログを使います。


直接連絡をとる気力はないけれど

どうしても言わないと、と思って。


それは、
誰かが亡くなったとしても連絡してこないでください。ということ。
家族それぞれに言いたいことは全て言ってあるので、いつ別れが来ても未練はありません。

私はそちらの家には行きません。


あと、これはついで。
夫とコソコソやり取りをするのは不快なのでやめてください。
どうせ私にも伝わります。
あなたらのそういう行動は、平穏な生活を送る私をいとも簡単に不安定な場所に突き落とすのです。

不妊治療のこととか、探りを入れてくるのやめてください。
なんであんたに詳細まで知られなきゃいけないんだ。

知ったところで手助けする気もないくせに。


暴露メールを受けて、悪いことをしたと思ってるって、夫に連絡を入れたそうですね。
なら夫を通してでなく、安い言葉だけでなく、ハンカチ2枚で済ますのでなく、慰謝料持って土下座する勢いで謝罪に来たらどうですか。それか自首したらどうですか。

本当にとんでもないことをしてしまったと思ったのなら。

あ、実際は見たくないし何も受け取りたくないので。例えです。

そこまで悪いことしたとは思ってないですよね。
だからせめて、他者から向けられる白い眼差しで罪を自覚できたらいいですね。
自分のしたことの重さをちょっとは思い知ればいい。


ついでの方が長くなってしまった。

1番言いたかったのは葬式であっても行く気はない、です。



ふう。



言えた。



(11.8 加筆修正)

どうしよう、不安です

落ち着くための気持ちの表出。
暗いです。ごめんなさい。


昨日の夜から、久しぶりに…
年に数回あるかどうかくらいに

心がとっても不安定


ザワザワ、ザワザワ 落ち着かなくて


訳もなくひどく不安


波が大きくて、舟がひっくり返らないように

なんとか… なんとか… 舵をきっている


しかも原因がはっきりしない


人の話を聞かない、大きな声を出す男性に会ったから?

新しく飲み始めた薬のせい?

久しぶりに男性への不快感を感じたから?


それとももっと違う理由?


分からない


米津玄師聞きながら布団の中に潜って
波が去るのをただじっと待っていたい気持ち


そういえば大学生の時
そんな日を何日も過ごしてたなぁ
と思い出している


あの時も急に叫びだしたくなるような
よく分からない不安に駆られていた


ホットミルク飲みたい


おっきな肉まん食べたい


気分はコンビニで手に入る好きなものを暴飲暴食


でも布団から出たくない


正体不明の不安はやっかいだ


はやく波が去りますように

赤ずきんとオオカミのトラウマ・ケア

トラウマはどうして起きるのか

また、どのように付き合っていけばよいのか

知りたくて、この本を手に取りました。


赤ずきんとオオカミのトラウマ・ケア: 自分を愛する力を取り戻す〔心理教育〕の本

 

表紙のイメージ通り読みやすく

一方で、トラウマに関してかなり詳しく説明されていて、分かりやすかったです。

 

読んだ内容を一部紹介します。

 

 

トラウマ=悪ではない

 

 トラウマと聞くと悪いイメージがありますが、

「似た状況を避けようとする」

「フラッシュバックを起こすたびに、周囲にその危険を何度も伝える」ことは

自分を含め、みんなの安全につながることで

私たちが生きのびるために兼ね備えている仕組みでもあります。

 

しかし困ったことに

トラウマは日常生活に支障をきたすこともあります。

 

トラウマ記憶は冷凍保存される 

 

 普通、人の記憶は時間と共にセピア色に薄れていきますが

トラウマ記憶は違います。

 

トラウマ体験は、脳内で一度に処理するには容量が大きすぎます。

そこで脳の中で冷凍保存されて、普段の記憶とは別の場所にしまわれます。

「解離」といういつもの自分とは隔てられた場所で

なるべく思い出さないようにしまい込まれます。

 

しかしこの記憶は、何かのきっかけで瞬間解凍されます。

少しずつ解凍されることはなく、一度にすべてが溶けて

トラウマを受けた時の五感、感情、認知や思考がそのまま一気によみがえります。

まるでそのできごとが、今起きているかのように生々しく再現されます。

フラッシュバック)

 

 

PTSD(トラウマ体験による後遺症) 

 

単一の事件(犯罪被害や交通事故)によるトラウマから起こる症状では

再体験症状(無意識に記憶がよみがえる)」「過覚醒症状(神経が高ぶる)」

が強まる傾向にあります。

 

また、虐待やDVなど長期にわたって慢性的に繰り返されるトラウマの場合は「麻痺」「解離」が強く出ます。(複雑性PTSD

 

日常的なトラウマ体験の中で、「感じなくて済む(麻痺)」「それが自分ではないようにすることで自分を守ろうとする(解離)」のですが、それは一時しのぎにすぎず

むしろその結果

感情の調節が難しくなったり

自己破壊的な行動をしたり

自己イメージや対人間関係に問題が生じたり

といった障害が現れてきます。

 

トラウマの治療①フラッシュバックが起きたら

 

フラッシュバックが起きた時、

これは症状なんだ」と気づいていることが重要です。

過去のつらい体験がよみがえってきたとしても、

つらかったのは「あのとき」であって「今」ではない。

「これは症状だ」と分かるだけでも、落ち着きを取り戻すことができます。

 

トラウマ治療は過去の傷を治すことだと思っている人もいますが、

過去は変えることは出来ません。

トラウマから回復するということは

「過去の傷に影響を受けている今」を変えることです。

 

 

トラウマ治療②語ることで記憶を再編集

 

 批判されない安全・安心の中で

トラウマ体験を語ることはとても意味のあることです。

相手を信頼して語ることができたら、

徐々に感情が出てくるかもしれません。

あのときは本当に怖かった…」と感情を交えながら語ることができたら

情動の記憶が揺さぶられ、記憶の形態が変わり

具体的な五感や感情が消化されていきます(トラウマの処理

 

記憶は常に改変されています。

語るたびに焦点が移ったり、

自分にとっての意味が変わったりします。

 

トラウマ記憶も安全な場所で何度も語るうちに、

それにまつわる感情や感覚が整理されて、

今を侵食することのない過去の物語記憶になっていくのです。

 

話すことはもちろん、ブログに書いたりすることも、

とても意味のあることだと分かりました。

 

 

 

 本の冒頭で特に印象に残った内容を紹介しました。

自分の心や誰かの心の声を聞く際に

とても大切なことが書いてあったと思います。

 

 

本には慢性トラウマの詳しい症状や、回復のステップなども書かれています。

詳しく知りたい方にオススメです。

 


赤ずきんとオオカミのトラウマ・ケア: 自分を愛する力を取り戻す〔心理教育〕の本

 

 


にほんブログ村