ねこよりまるい | 性虐待サバイバー

性虐待サバイバーの体験記と日常。虐待から10年、元気に生きています。似た経験をされた方、他のことで辛い方、そうでない方とも繋がりたい。できる活動や勉強を少しずつ。

はじめに 自己紹介

はじめまして

来ていただきありがとうございます。

 

私は物心ついた頃から高校2年生になるまで、

約10年間、父親から性的虐待を受けていました。

 

2回ほど死のうとしたこともありましたが

周りの人に支えられて今は元気に生きています。

虐待から10年が経過した今

忘れようとしていた当時のことや、現在に至るまでのことを

書いてみようという気持ちになりました。

このままなかったことにしていて

いいのかなと疑問に思ったからです。

 

当時「自分だけがこんな目にあっている」と思い込んでいて

それがとても孤独で辛かったです。

今似たようなことで苦しんでいる人や

過去に苦しんでいた人に

「こんな人もいるんだ」って読んでいただけたらと思います。

私も自分におきた出来事を振り返ることで

これからをよりよく生きるヒントが見つかるかもしれないし

(見つからないかもしれないし)と考えています。

体験記を書いていて、途中で辛くなったり記憶がすっぽり抜けていたりして

なかなか進まないことがあります。

やっぱり少し違ったと思ったら、後日書き直しています。

 

虐待のブログは読んでいて気持ちの良いものではないと思います。

加えて拙い文章で申し訳ないのですが、

読んでいただけると嬉しいです。

同時に、出来る支援や虐待に関する勉強を始めました。

自助グループへ参加したりするようにもなりました。

そこで、性被害や虐待にあった方々が、何年何十年にもわたり、様々な心身の症状や生きづらさに今も苦しみながら戦っている現実を知りました。

被害の深刻さを知ってもらいたい、このような悲しいことが少しでも減って欲しいと、心から思います。


 

筆者について

 

20代後半。主婦。東海地方在住。

子ども時代、勉強や部活は一生懸命していたが

教室が苦手で人付き合いがとても下手だった。

虐待などの家庭の問題や経済的困窮などの要因が重なり

20歳のとき精神疾患にかかり大学を中退。

自殺願望が高まり成人式の写真を遺影にしようと考える始末。

 

数か月引き込もって休養したのち

通信制大学編入、働きながら単位を取って卒業。

教育や福祉を専攻し、養護教諭の免許を取得。

結婚して親から離れることで、人生が50倍楽しくなった。

今でも時々フラッシュバックでパニックになることがあるが、基本的に元気。

虐待問題、人権問題、教育や福祉の話題が気になるようになった。

何らかの形でかかわりたい思いがある。

できることを少しずつやっていく。

好きなこと:自然のきれいな場所に行くこと

社会情勢や経済の話題をチェックすること

読書(吉本ばなな、小川糸、村上春樹、など)

音楽(B'z、ミスチルスピッツ椎名林檎

苦手なこと:ご飯を3食きちんと食べること

 

感想やお問合せはこちらからお願いします。

→コンタクトをとる

 

【19.3.13修正加筆】

 

▼ 体験記はこちらから

sakyuuu.hatenablog.com

 

↓ポチっと押していただけると喜びます

 
にほんブログ村

 

今月もフラワーデモ

投稿に間が空いたので、またこの話題に。

明日、7/11
名古屋がメイン会場となって
全国10箇所でフラワーデモが開催されます。

(札幌、仙台、岐阜、東京、静岡、名古屋、大阪、神戸、福岡、鹿児島)


名古屋のお天気は曇りのち一時雨
開始時間の19時からの天気は微妙なところ。

もつと良いな。

もう明日なんですねー。


参加予定でしたが、安静入院中なので現地には行けなくなりました。


北原みのりさんらにお会いしてみたかったけれど
仕方がない。

病室から待機組として参加します。

できることを続けていれば、どんな機会もまた巡ってくる…はず。

そう思っておこう。



参加出来る方はぜひ。


フラワーデモとは↓↓↓
https://www.flowerdemo.org/




ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私のこと


ちょっと愚痴です。

点滴の副作用で体が火照り、
動悸が時々ひどくて苦しいです。

平日も誰か来てくれないかな 笑



選挙日までには退院したいです。

できることがなくて選挙特集たくさん見てるので、余計行きたいです。


テレビよりYouTubeTwitterの方が
候補者の考えが分かるなー


関係ないけど
NHKから国民を守る党NHK政見放送
NHKをぶっ壊す」って言ってるの、
シュールじゃないですか 笑


はやく退院したいなー

性被害の影響

「ちょっと触られたくらいなんだ、減るもんでもあるまいし」
などと言う人が、いまだにこの世に存在するようです。そんな人に読んでもらいたいです。


(人をモノ扱いすることで
相手がどれだけ尊厳を踏みにじられ苦痛を感じるか
想像できない人がいる。

そういう人は自分自身を大切にすることもできていないように思います。
自分にも「尊厳がある」ことを知らない。だから人も大切にできない。
人権意識の低さを感じます。)


被害の実態を知ってもらいたいと思って
また、自分でも具体的な影響を整理するために
1度思いつく限り性被害がその人にもたらす影響をまとめてみました。

私だけでなく人の体験を見聞きしたり
本を読んだりして知った影響も出せる限り書き出しました。


┈┈┈┈┈┈┈┈┈

その前に少し私の話


私が1番苦しかったのは
強烈なフラッシュバックが日に何度も起きていた期間です。

激しい自傷衝動があった。
自分を傷つけたくて切り刻みたくてしょうがなかった。
不安で気がおかしくなりそうだった。
こんな(価値のない)自分が生きていかなければいけないのが苦痛で不安でたまらなかった。

20歳前後の私は完全に病んでいました。
あの感情はどこからくるものだったのか、わかりません。
なぜそう思うの?と聞かれても
そうとしか思えない思考回路が出来ていたのです。

抑圧された家庭環境で
長年にわたり性虐待を受けた結果です。




┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈



〈 性被害の影響のあらわれ方 〉


PTSD
(フラッシュバック、悪夢など)

気分障害
主に鬱病双極性障害といった疾患の総称。
(鬱病の症状例…抑うつ、不安、焦燥感、
消えたくなる、興味がなくなる、自責、
億劫になる、不眠、過眠、集中力の低下、
倦怠感、動悸、息切れ、食欲減退、食欲増加など)

解離性障害
(脳が苦痛を自分から分断して対処しようとすることで起きる。記憶が抜け落ちる、自分の感情が自分のものでは無いように感じる、体外離脱など)

摂食障害
アルコール依存症
・ 性依存症
買い物依存症
など精神の病、依存症

性感染症
(被害者が初潮前の場合自浄作用が低く感染症になりやすい。将来的に不妊症になることも)
・ 内臓損傷
(子宮破裂、排泄機能損傷)
不妊

・ 脳の萎縮による脳機能低下
・ 自己肯定感がない
・ 人間不信、他人と適切な距離感を保てない
人間関係の構築に苦労する

・ 被害を話すこと自体が大変な苦痛(例えば警察による聞き取りへの対応など)
二次被害(周りから言われる言葉や態度によって症状が深刻化する)
・ 生活の中でトラウマを再現しようとする(危険に近づく)
・ 客観的に見て望ましい方を選べない。望ましいものは自分にはそぐわないものとして拒絶してしまう。幸せをイメージできない

・ 性行為に対する嫌悪あるいは執着
・ 結婚や出産が難しくなる場合がある

・ 働くことが困難になる
・ 社会生活が困難になる
・ 貧困、孤立


・ 治療に莫大なエネルギーを要する
(病院までの往復、待ち時間、診察時間
治療費、薬代
自分に合った医師やセラピストを探す
被害と向き合う作業
短くても数年単位の時間を要する)



他にもあったら教えてください。


性被害は人に話しにくい被害で埋もれやすいですが、PTSD発症率が大変高いです。

事故が6~9%、災害が5%前後、身体暴力が2~20%であるのに対し、性暴力によるPTSD発症率は50~60%、格段に高いです。


被害を口にできない人は多く、数字化されている件数は氷山のほんの一角です。

どうしようもない生きづらさを抱えながら泣き寝入りしている人がとても多いのです。

フラワーデモに参加しました

6月11日
全国約9ヶ所で開催されたフラワーデモ

私は名古屋で参加してきました。

立て続けに起きた性犯罪の無罪判決に対して

「私たちはもう黙らない」
「性犯罪の不当な無罪判決に抗議します」
「性暴力を許さない」
などプラカードや花を持った約200人の人が
栄の希望の広場噴水前に集まりました。


体調が心配でしたが、行ってしまえば元気に過ごせました。

主催者の方

Thriveのカナさん

産婦人科医の先生

先だってこのブログで紹介させて頂いた、
娘さんが被害に遭われた件で闘われているお母さん
など8名の方が前に出てスピーチされました。


このお母さんは、娘さんの手紙を読んでくれました。
傷を負いながら勇気を出してその傷を警察や検察にさらけ出したのに報われなかった。
「私はもう大人を信用出来ない」
どんな思いで口にしたのかと。。

…涙が出ました。


他にも、夜の仕事をしていた時に剥き出しの性欲を向けられて傷つき、また、傷つけられる同僚を見てきた経験を語られた方

被害者の一見矛盾するような行動を自ら分析し、それを知って欲しい、そして加害者が罰せられることで被害者も加害者も救われるのだと声をあげる方


みんな自身の経験や思いを語り
もっと被害への理解が広まって欲しい
このようなことで傷つく人がなくなってほしいと願っていました。


拍手や声援がおき、会場は温かい空気でした。


終わってから、他の参加者の方とお話したり
デモの感想のインタビューを受けたりしました。



f:id:sakyuuu:20190612122924j:plain


マスコミの方も多かったので
今日は各局のニュースで取り上げられると思います。

映って大丈夫な参加者とそうでない参加者で立ち位置が決められていて、配慮がなされていました。



来月は名古屋がメイン会場となり
デモの発起人である北原みのりさんが来られるそうです。


性被害に対して沈黙を強いられる空気が蔓延していたのが
このように声をあげられる場所ができたことに感動しています。


先に声をあげてくれた方々のおかげで少しずつ訴えられるようになってきている。


この熱が一過性のものになりませんように。
うねりを止めずに、社会が変わるまで、続ける。
変わらざるを得ない無視出来ない状況をみんなの手で作っていけたらと思います。


だけど、正直デモに参加するのにはびびっていました。


デモ、抗議する人、、ウオーーッて何か言ってるイメージ

海外では若者が政治に対して抗議デモに参加するのが普通な印象だけど(それも良いなぁと思う)
どうもこの国では
「え、熱い人なの?(笑)」みたいな目で見られるような気がして。


フラワーデモの名前の意味を聞いてハードルが下がったのと
実際行ってみたら温かい雰囲気で安心しました。



人目が怖いびびりは

簡単には変わりません。。



フラワーデモのレポートでした。

フラワーデモ

「合意の無い性交が罪に問われない社会は嫌だ」
「性暴力問題に声をあげよう」
と、4月11日に始まったフラワーデモ
5月も11日に開催され多くのメディアに注目されました

人に花を贈る時の気持ちで
被害者に「あなたの話を聞く」と寄り添うフラワーデモ
花を持参したり、花柄を身につけたりして参加します。



今日6月11日は全国9ヶ所で開催予定です。
(札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、神戸、山口、福岡、鹿児島)

名古屋では初めてとなるフラワーデモ

以前の開催地に参加した男性から
「痴漢の実態知らなかった」との感想もあったそうです。

性別を問わず多くの方に関心をもっていただきたいと願うばかりです。
娘と性交した父親が無罪判決っておかしいんじゃない?と思われた方、もし参加できそうならぜひ開催地へ。

開催は19時から
天気予報は雨
雨天でも開催されますが詳細は16時に発表です

天気も体調ももちますように。。


フラワーデモについてはこちら
↓↓↓
https://www.flowerdemo.org/


f:id:sakyuuu:20190611143700j:plain


f:id:sakyuuu:20190611143726j:plain

皆さんの力を貸してください

【ある事件】
娘さんが性被害にあわれ
犯人は犯行を認め
動画もあるのに
脅迫もあったのに
犯人は釈放されています

この件で
お母さんが戦われています

当人の気持ちを考えると
胸が張り裂けるでは言葉が足りません

応援したいです

どうか力を貸していただけないでしょうか

今、お母さんは署名活動をされています
事件に関する詳細のブログも開設されています

ご覧いただければ幸いです
よろしくお願いします

↓↓↓


https://www.change.org/p/%E6%A4%9C%E5%AF%9F%E5%AF%A9%E6%9F%BB%E4%BC%9A-%E6%9C%AA%E6%88%90%E5%B9%B4%E3%81%AB%E5%AF%BE%E3%81%99%E3%82%8B%E6%80%A7%E7%8A%AF%E7%BD%AA-%E4%B8%8D%E8%B5%B7%E8%A8%B4%E5%87%A6%E5%88%86%E3%81%B8%E3%81%AE%E6%A4%9C%E5%AF%9F%E5%AF%A9%E6%9F%BB%E4%BC%9A%E7%95%B0%E8%AD%B0%E7%94%B3%E7%AB%8B%E3%81%AB%E4%BF%82%E3%82%8B%E7%BD%B2%E5%90%8D%E6%B4%BB%E5%8B%95%E3%81%AB%E3%81%94%E5%8D%94%E5%8A%9B%E3%81%8F%E3%81%A0%E3%81%95%E3%81%84-a-sexual-criminal-guy-to-a-child-got-freedom-without-any-punishment-in-japan?recruiter=false&utm_source=share_petition&utm_medium=twitter&utm_campaign=psf_combo_share_initial&utm_term=psf_combo_share_initial&recruited_by_id=1676ac30-876a-11e9-bbbe-3f715f4ba915


ブログ
↓↓↓

https://ameblo.jp/save-an-innocent-girl/

性加害者の視点を考える

※性加害者の視点について書きました。
人によって気分が悪くなる可能性があります。
無理なさらないようにお願いします。




犯罪心理学を専門とされている方とお話する機会があった。

性犯罪加害者に対して出所後の再犯を防ぐために
実際に働きかけをしている方だった。


加害者の視点について考えるのは初めて。


それまで加害者の視点を深く考えたことはなかった。
抱くのは「どうしてそんなことを」という怒り、嫌悪感、悲しみ、軽蔑…。

ずっと被害者側から視点を動かしたことがなかった。




以下は、刑務所内での性加害者の様子について
聞かせてもらった、そのメモ書きだ。



性加害者は認知の歪みを抱えていることが多い。

性差別的な認識だったり、
相手もそれを望んでいると思い込んでいたり。

その歪みをただす必要がある。
そして再び罪を犯さずに生活できるようになる必要がある。


そのための刑務所内で行うワークの一環に
罪を犯した当時のことを思い出して書き出す、というものがある。
当時の状況、その時の被害者の様子を書き出すそうだ。

しかし最初はなかなか書けない。


そして無理に向き合おうとすると具合が悪くなるらしい。

ノートに書き出そうとしても
ほんの数行しか書けず、苦しくなる。


ある日刑務官にそのノートを見られた。
その時「こんなことをしていて辛くないのか」と言われた。


その一言でその人は
犯した罪と向き合おうとしていることを、誰かに認めてもらえたと思えたそうだ。

以降、より罪と向き合えるようになり、治療が進んだ。




加害者にも段階がある。
どれだけ自分が犯した罪と向き合えているか、その段階は人それぞれだ。


段階によっては
「もっと被害者のことを考えて…」
と言われても辛くなって耳を塞いでしまう。
正論が受け入れられない。


犯した罪は許されないことだが
その罪と向き合おうとしていることを
誰かに受け止めてもらうことで
前に進めるようになる。


「加害者が治療を受けられるなんて」
という社会や被害者の声もある。


性加害者に対しては
社会も感情的になりやすい。
「極刑にすべし」「去勢するべき」
そんな声をよく耳にする。

叩くだけ叩いて
その後に関しては無関心な人が大半だ。

加害者も孤立する。


(私も性犯罪、虐待の事実を見聞きすると怒りや悲しみが湧いてくる。

泣き寝入りする被害者が多い中で
加害者は刑務所の中で治療を受けられるのか…
と腑に落ちない思いもある。)

だが

性加害者が必要な行程を経て
認知の歪みを正すことで


再犯率が低下するならば

それで新たな被害が1件でも減るならば


それは私にとっても救いになることだと思った。




帰宅後
山本潤さんのエッセイ

13歳、「私」をなくした私 [ 山本潤 ]

を読んでいると
加害者の心 という章があった。


なぜ加害者が加害に至ったのか
その背景を冷静に分析していた。

加害者のことを考えるのは
段階によっては余計に辛くなってしまうので危険だが

俯瞰的に加害者の生い立ちや性質を眺めて
加害に至った背景を分析することができると

それまで自分の中でヒトの形をしていなかった加害者
(どす黒く汚く軽蔑すべき存在、人間として認められなかった存在)が

ただの「歪んだ認知を抱えた弱くて小さな1人の人間」に
姿を変えるのかもしれない。




辛い時は
「どうして私にあんなことをした!?」
と、胸ぐらを掴んで問いただしてやりたい気持ちがあった。


しかし、本書にもあったが
「加害者はその答えを持っていない」のだ。
父も、ただ自分の無力感や劣等感を晴らすために性暴力を行っていたのかもしれない。




また、回復途中でそれまで言えなかったことを加害者に伝えたくなるのは自然なことで
そうやって加害者と向き合うことが回復につながることも分かった。

(私は夫にぶつけたり、送れないメールにしたためたり、時に本人にぶつけてしまったりしたが、
本人への接触はこちらが期待する反応が得られないことで傷を深める可能性があるので危険。この作業は専門家と一緒に取り組むのが望ましい。)



回復の道のりはそれぞれかもしれないが
こうして加害者と向き合うことで自分の中で止まっていた時間が動き出し、前に進めるようになる。




章の中で


「それまで、性加害をした男などみな男根を切り取って(地球にいると怖いから)宇宙のどこかの星に打ち上げてしまえと真剣に思っていた。
(略)
性犯罪加害者が有罪となり刑務所に行ったとしてもいずれ彼らは社会に帰ってくる。
そのとき、再び性加害行動をしない人間になってくれることが大事だと、今は思っている。」


とあった。

とても共感できる一節だった。

(この本は私のことが書いてあるの?と思うくらい共感の嵐だった。また紹介したい…)





色々書いたが
加害者の視点を考えた1日となった。

自分の中に新しい空気が入ってくる感覚だった。




認知の歪みはどのようにして起きるのか

考えていきたいし


性教育に携わりたい気持ちがまた強くなった。

サバイバーの里帰り問題

「そうですか、じゃあ子どもが生まれても里帰りしないということですね」


新婚当時、まだ子どもを産むことを考えていなかった時に

父親から言われた言葉。


親から離れて
閉じていた蓋が開いたように
親への不満が溢れ出てきて苦しくて
それをぶつけた時に言われた言葉でした。


「そんなことを言うなら、こっちも何もしてやらん、子どもが生まれるとなっても助けてやらん」


という意図で、発せられたこの言葉。


からしたら 「里帰りなんてするわけないでしょう (苦笑)」です。


というか、すると思ってたの?あの家に?… なんておめでたいの。



温度差、感覚のズレにポカンとなったのと


この、不満をぶつけられたら
「そんなこと言うなら、何もしてやらん」
と居直る態度は、昔から変わりません。


子どもの頃もよく言われました。


子どもの世話は親の務めという感覚ではなく
「してやってる」感覚。


(恩着せがましいので頼るのが嫌になり
なんでも自分で解決しなきゃと思うようになりました。
子どもを存分に甘えさせる親御さんを見ると、時々心がザワザワして落ち着かなくなります。)



里帰りすると思われていたことがなぜか気持ち悪くて(笑)
新婚当時のこのやり取りはよく覚えています。




前置きが長くなりましたが、

虐待サバイバーには「里帰り問題」があります。


自助グループでも話題になったことから
悩んでいる人が多い問題と感じました。


私には実家に里帰りをする、という選択肢はありませんが

産褥期は安静が必要な時期であることに変わりはなく。

どうしたものだろうか、と対策を考えています。


まぁでも、なんだかんだ便利な時代です。

買い物関係はネット通販や食品宅配で何とかなりそう。

・ イオンネットスーパー、コープ、Amazonプライム楽天
これらをフル活用すれば
食事の準備や日用品の購入はクリアできそう。


産前産後と出産時に利用できるタクシーも登録しました。


問題は家事。。あと育児

市内には、産前産後にシッターさんを格安で派遣してもらえるサービスがあるのですが、

利用者が多く、思うように来てもらえないそう。

ほぼ毎日来てもらう気でいたのであてが外れました。


こうなったら、

・ 夫に育休をとってもらう

・ 義母に来てもらう

・ 義実家で過ごさせてもらう


のどれかだろうか…

夫の育休は、一応聞くだけ聞いてみましたが
今の激務な部署では難しそう。
いつもより早く帰ることはできるらしい。


(日本の企業はもっと育休取得率の面でもがんばってほしいです。。)


義母に来てもらうのは
知らない土地で、勝手の違う家で、何週間も過ごしてもらうのが忍びないような気が。


1番いいのは、義実家でお世話になることだろうか?
夫婦の間ではそんなふうにまとまりました。
義実家にも相談してみます。

2人とも初めてで産後のイメージもわかないし
義両親に聞いてみないとです。


私たちは義実家を頼ることができますが、
それが出来ない人は、どうやって産後を乗り切るのだろう。

読んでくださった方の中で
アイディアがおありの方や、こうしてるんじゃないの?と考えが浮かぶ方がいましたら、ぜひ教えてください。