ねこよりまるい | 性虐待サバイバー

性虐待サバイバーの体験記と日常。虐待から10年、元気に生きています。似た経験をされた方、他のことで辛い方、そうでない方とも繋がりたい。できる活動や勉強を少しずつ。

はじめに 自己紹介

はじめまして

来ていただきありがとうございます。

 

私は物心ついた頃から高校2年生になるまで、

約10年間、父親から性的虐待を受けていました。

 

2回ほど死のうとしたこともありましたが

周りの人に支えられて今は元気に生きています。

虐待から10年が経過した今

忘れようとしていた当時のことや、現在に至るまでのことを

書いてみようという気持ちになりました。

このままなかったことにしていて

いいのかなと疑問に思ったからです。

 

当時「自分だけがこんな目にあっている」と思い込んでいて

それがとても孤独で辛かったです。

今似たようなことで苦しんでいる人や

過去に苦しんでいた人に

「こんな人もいるんだ」って読んでいただけたらと思います。

私も自分におきた出来事を振り返ることで

これからをよりよく生きるヒントが見つかるかもしれないし

(見つからないかもしれないし)と考えています。

体験記を書いていて、途中で辛くなったり記憶がすっぽり抜けていたりして

なかなか進まないことがあります。

やっぱり少し違ったと思ったら、後日書き直しています。

 

虐待のブログは読んでいて気持ちの良いものではないと思います。

加えて拙い文章で申し訳ないのですが、

読んでいただけると嬉しいです。

同時に、出来る支援や虐待に関する勉強を始めました。

自助グループへ参加したりするようにもなりました。

そこで、性被害や虐待にあった方々が、何年何十年にもわたり、様々な心身の症状や生きづらさに今も苦しみながら戦っている現実を知りました。

被害の深刻さを知ってもらいたい、このような悲しいことが少しでも減って欲しいと、心から思います。


 

自己紹介

 

20代後半。主婦。東海地方在住。

小さい頃から教室が苦手で

人付き合いがとても下手でした。

虐待などの家庭の問題や経済的困窮などの要因が重なり

20歳のとき精神疾患にかかり大学を中退。

自殺願望が高まり成人式の写真を遺影にしようと考える始末。

 

数か月引き込もって休養したのち

通信制大学編入、仕事をしながら単位を取って卒業

教育や福祉を専攻し、養護教諭の免許を取得しました。


結婚して親から離れることで、人生が50倍楽しくなりました。

その後も時々フラッシュバックでパニックになることがありましたが、基本的に元気に過ごしています。

虐待、人権問題、教育や福祉の話題が気になるようになりました。

何らかの形でかかわりたい思いがあります。


好きなこと:自然のきれいな場所に行くこと

社会情勢や経済の話題をチェックすること

読書(吉本ばなな、小川糸、村上春樹、など)

音楽(B'z、ミスチルスピッツ椎名林檎

苦手なこと:ご飯を3食きちんと食べること

 

感想やお問合せはこちらからお願いします。

→コンタクトをとる

 

【19.3.13修正加筆】

 

▼ 体験記はこちらから

sakyuuu.hatenablog.com

 

↓ポチっと押していただけると喜びます

 
にほんブログ村

 

性教育をすべての子どもたちに

性教育をすべての子どもたちに届けたい

その思いから
一般社団法人ソウレッジ( https://sowledge.org/ )は
クラウドファンディングを行っています。

クラウドファンディングページ
https://camp-fire.jp/projects/view/312968


今回は、集まったお金で
子ども食堂、子ども宅食に性教育トイレットペーパーを寄付して

利用家庭の子どもたちに、性の知識を届けたいと考えています。


(性教育トイレットペーパーとは、、
トイレットペーパーに、体の仕組み、性的同意、性暴力、セクシュアリティのマンガがプリントされていて、トイレで思いがけず性の知識を得られる商品です)

クラウドファンディングは8月29日23:59まで。

all-or-nothing方式で、目標額は500万円

0円か500万円か

到達しなければ、
支援したお金は全額返金されます。


皆さんの応援なくして達成はできません。

お知り合いに関心のある方がいらっしゃったら
シェアをお願いします。

一人がひとりを巻き込んで、
みんなで一緒に、子どもたちにココロとカラダを守る知識が届けたいです。

最後まで見守ってください。

近況

こんばんは

コロナ、、
ど、どこまで自粛すべきなんだ…??と
戸惑っています



ーーーーーーーーーーーーーーーーー


最近のこと


○ちょっと前から
日本若者協議会ジェンダー政策委員会の
メンバーになってます
ジェンダーに関する課題について話し合ったり
政党に提言したりします
まだ話し合い数回しか出てないけど政治のこともいろいろ知りたいです


○一般社団法人ソウレッジ(https://sowledge.org/)の
事務作業をぽちぽちやってます、娘寝た後に。
助成金申請したり、メール作ったり
性教育トイレットペーパーおすすめ!


○ちっぷすのメンバーになりました
東海を拠点に、性の知識の普及と性暴力撲滅のために活動する団体です。
最近できたばかりです。
ちっぷすのTwitter(@tips_0724)では私の性教育おすすめ本も紹介してます!よかったら見てみてね!!

ブログ▽
https://tips0724.hatenablog.com/



※余力があったらあとでリンク貼りますー



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


○思春期保健相談士の講習を受けたかった

娘がお腹の中にいるときから、今年受ける!と決めて楽しみにしていた講習

今年はコロナでなさそうです!!悲しい!!!

性教育認定講師の講習も。

家事育児から離れて勉強モードで勉強できるのすっごく楽しみにしていたので超悲しい!!!

これ受けて資格取って、学校に売り込みに行きたいなって考えてたのにーなーー

残念でした!別の手を考えます!!!



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


色々やってる風ですが

毎日毎時、思ってることは

は!むすめ!!かわいい!!!です

ほぼ一日中かわいい!!って思いながら
気がついたら夜です

最初「赤ちゃんが…!うちにいる…!かわ!」て震えてて、そのうち慣れるかなと思ったけど

いまだに震えてるという

気がついたら一年経ちそう

今日も娘のほっぺ愛でながら親バカやって、


夜、ぽちぽち出来ることやってます


でも時々インターネットとの距離ちかくなりすぎて疲れちゃってます


日常を楽しむことも大事にしたいです

7/14 朝日新聞

先のブログで紹介しました、こちらの記事

https://www.asahi.com/sp/articles/ASN734PQYN6ZPTFC00V.html?jumpUrl=http%253A%252F%252Fdigital.asahi.com%252Fsp%252Farticles%252FASN734PQYN6ZPTFC00V.html%253F_requesturl%253Dsp%252Farticles%252FASN734PQYN6ZPTFC00V.html%2526amp%253Bpn%253D6

明日7/14の朝日新聞に紙面で掲載されることになりました。


子どもへの性暴力
第2部«家庭内の性暴力»

デジタル版でも読めます。


私も読んでいますが、

今となっては、自分の話をするよりも

人の記事を読む方が辛いです。


辛い内容ですが、

一人でも多くの方がこの事実を知ることで

変わっていくことがあると思います。

だから、知って欲しいです。

読んだあとはなにとぞセルフケアを!
ご自愛ください!!!


他の方の記事を読んでいると

痛みをともないながら話されている光景が目に浮かんで
それこそ、どうかご自愛を!!
という気持ち。


話すのは、辛くて痛いことだけど

無かったことにしたくない、できない
こんな悲劇が繰り返されませんように
だから、知って欲しい
安心して生きられる社会に変わって欲しい


きっと、そんな気持ちで
サバイバーさんたちは口を開いているのではないかなと思います。

経験則からの想像だけど。


だからすーごく、すーーーーごく報われてほしい!!!!(叫び)

朝日新聞

朝日新聞 「子どもへの性暴力」企画

第2部の第1回をお話させてもらいました。

https://www.asahi.com/sp/articles/ASN734PQYN6ZPTFC00V.html?jumpUrl=http%253A%252F%252Fdigital.asahi.com%252Fsp%252Farticles%252FASN734PQYN6ZPTFC00V.html%253F_requesturl%253Dsp%252Farticles%252FASN734PQYN6ZPTFC00V.html%2526amp%253Bpn%253D6

第2部は全8回で、家庭内の性暴力についてです。


コロナや大雨の影響で掲載日が延期になっていました

コロナも災害も大変なことなので
致し方ないですが

延期になっている間少し気持ちが
ゆらゆらざわざわしていました。

今回、ネット上でデジタル版が先行配信されて、少し落ち着きました。


家庭内で起きたこと
それがその後に及ぼす影響
目に映りにくい事実を、明るみに出して
人々に問いかける内容になっています


あまり目にしたくないことだとは思いますが
被害の実態を知ってもらうことで
必要な支援制度が整い、警察などの対応、法律、社会の空気が変わっていくはずです

性暴力を許さない空気
目に見えない傷をもつ人への接し方

それはすでに被害にあった方だけでなく、
みんなが生きやすい社会に繋がることだと思います

ぜひ目を通していただきたいです。


紙面掲載についてはまた決まり次第お知らせします。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
追記
ふゆ(id:yagawafuyu)さん
はてブにすーごく嬉しいコメントありがとうございます。何とかして反応したくなりました。
嬉しくてお腹の底からじんじんあったかくてほわほわしてます。
ふゆさんの活躍に、ずっと励まされています。

ブックマーク機能がよくわかっていなくて、申し訳ないです。

私、頑張ってたのかなぁ
まだまだ足りないと思ってたけど
生命力ない、ガチのワンオペ育児しながら、
の割には頑張ってたのかも!と思えました(笑)


https://www.asahi.com/sp/articles/ASN734PQYN6ZPTFC00V.html?jumpUrl=http%253A%252F%252Fdigital.asahi.com%252Fsp%252Farticles%252FASN734PQYN6ZPTFC00V.html%253F_requesturl%253Dsp%252Farticles%252FASN734PQYN6ZPTFC00V.html%2526amp%253Bpn%253D6

あらゆる生きづらさを吹き飛ばしてくれる本

今回は私が大好きな本の紹介です

ネットコラムも大人気のアルテイシアさんが書かれた

「離婚しそうな私が結婚を続けている29の理由」



離婚しそうな私が結婚を続けている29の理由 (幻冬舎文庫)


アルテイシアさんのことは
毒親サバイバルで知ってコラムを読むようになりました


毒親サバイバル (中経☆コミックス)


お母さんが変死、お父さんが自殺、弟さんが失踪と
壮絶な人生を送っているにも関わらず

その文章は
すべての生きづらさを吹き飛ばして

私は私でいいのだ
苦手なことは補い合えば良い
自分の人生、楽しんでいいのだ!
こう思わなければいけないとか、正解はない
みんな好きに生きようぜ!

と思わせてくれるものです

シリアスな内容にも関わらず
声を出して笑ってしまう

そして笑う度に、
自分で自分に知らず知らずにかけていた呪い(妻なのだからこれくらいしなければ…)から解放され
読むごとに身が軽くなっていきます


私でいいのだ、というのは
怠惰で身勝手になっていくことではなく
自分と周りの人を本当に大切にできる生き方だと思います
ありのままの私にOKが出せる人は
他の人にもOK!いいんじゃない!?と言えるから


(差別的な思考などには当然OK出せないけどね)


エッセイには
北斗の拳ジョジョなどのネタが随所に散りばめられていてクスッとします!

「離婚しそうな〜」を読んでいる途中で
もうこれ最高、リスペクトが止まぬ…となって
他のアルテイシアさんの本も大人買いしてしまいました(ポチポチ)

すべての生きづらさを抱える方へ
オススメしたい一冊です



離婚しそうな私が結婚を続けている29の理由 (幻冬舎文庫)

名古屋高裁で有罪判決

注目されていた
性虐待父親無罪判決の控訴審
高裁前にスタンディングに行きました
30人ほどの人がいました

フラワーデモ呼びかけ人の
北原さん、松尾さん
Spring代表山本潤さん
ライターの小川たまかさん
ジャーナリストの伊藤詩織さんもみえました
長野から駆けつけた方もいました
皆で判決の行方を見守りました

https://bunshun.jp/articles/amp/36536?page=1

15時
有罪判決が出ました!懲役10年
みんなで拍手 喜びを分かち合いました


以下は被害者のAさんのコメントです
読んでいて涙が溢れました
被害者心理、抵抗できない現実、
加害者への思い、周囲や支援者への思いが
よく分かる文章です
皆さんに読んでもらいたいです


https://www.asahi.com/amp/articles/ASN3D5F09N3DOIPE01B.html?__twitter_impression=true

父親には二度とあいたくない、人生をぶち壊した、私の時間を返して! →ほんとそれ

信じてもらえなくて傷ついた。子どもの言うことを100%信じて →そやで、二次被害で傷が深く深くなるんや。深刻なんやで


懲役10年
求刑通りの判決が出たので
「重め」の判決だったといえます


しかし、有罪判決が出て終わりではありません
被害者の子の生活はこれからも続いていきます
彼女が必要なケアを受けられますように
穏やかな生活を取り戻せますように
やりたいことができる、
そういう自分の人生を生きられますように
本当に本当に、勇気を出して、力を振り絞って
頑張られましたよね。。
これからの人生が幸せなものでありますように
願ってやみません

そして、新たな被害者を出さないために
性犯罪を許す空気を変えていくために
刑法改正にむけて声をあげ続けたいと思います🌷
性教育の勉強もこの夏からがんばります🌷


(ほぼ大人しく過ごしてくれた娘にも感謝🙏
抱っこ紐で行ったので肩と腰がもう限界です…)

毎日新聞 抵抗できない心理

3/12控訴審を前に
毎日新聞の取材を受けました。


https://mainichi.jp/articles/20200310/k00/00m/040/169000c


性暴力を許さない、と強い思いをもって
記事を書かれる記者さんの存在に
私も励まされています。